Everyday English for Japanese People, Aug 17 2001

This post is in Japanese.

日本人のため、通常英語

こんいちは、みんあ様。私はJeremiahです。日本人の友達は「ジェレミ」と呼んでいます。英語の友達は「JB」とあだ名を付けました。どっちもいいでしょう。元翻訳者ですから、ある程度の日本語を扱います。英語は優秀と認識していますのため、ノン(非)ネーティブスピーカーが英語を手伝いたいと思います。このポストはその一段階です。日本語の不具合な部分を許して下さい。

最近、一つの日本人な友達を「Take care, then!」と言い渡した。友達は「その時と、注意?」を返事しました。いえいえ、そんあ意味じゃなかった。説明します。

この場合、「Then」が「では」の意味を持つ。ま、正確には、「では、」が「Well then,」の意味を持つ。ちなみに、普通は英語と翻訳が完璧な対等がない。英語のことばは広い範囲を持つため、複数の日本語の言葉の意味を過ごす。特定な言葉はコンテキスの問題です。

では(笑)、次にしましょう。

「Take care」は注意ではない。正確には、「注意」が「Beware」にもっと近い。例えば、「危険な犬を注意せよ!」が「Beware of Dog」と同じ意味を持つ。英語には、「Beware of Dog」が普通な使い方。

で、「Take care」自体は「お元気で」って意味です、と思います。「体の調子が気を付けて」とか言いたい。英語には、「Take good care of yourself!」です。(自分の事を気を付けて、って直訳かな?直訳を推奨しませんけど、普通。だが教えるには価値がある、ね?)

だから、「All right then, take care!」が「よし、お元気で!」の当たりです。

フォーマルからなリスト:

「Goodbye.」さようなら。

「See you tomorrow.」明日でね。

「Well then, see you soon.」では、また会える。(近い内に。)

「Later, then!」じゃ、またね!

「Later!」じゃ!

と、パターンがある。パターンさえ分かれば、多くな問題が解決できます。これが英語のコツのひとつです。

いかがでしょうか?では、take care、みんな様。- ジェレミ

J Sensei

About J Sensei

Blogger, writer, linguist, former Japanese> English translator, rusty in French, experienced in Japanese, fluent English native. Writing for Technorati.com and various blogs. Skype: jeremiah.bourque (messages always welcome). E-mail: [email protected]
This entry was posted in English, Languages and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.